トリプルメディア

不特定多数の客層をターゲットにしたペイドメディアと見込み客をターゲットにしたアーンドメディアおよびユーザーをターゲットにしたオウンドメディアとがあり、これらをひっくるめてトリプルメディアと呼んでいます。

ペイドメディアは一般客を対象にしたものですからテレビや新聞および雑誌、そして折り込みチラシやバナー広告などを含むネット広告、さらに看板などの屋外広告などがこれに含まれます。これらのコンテンツを使って集客して見込み客を増やした後に購買効果をあげるために、企業サイトやカタログおよびパンフレットやセミナー、店舗時には従業員も含めて積極的なアピールをしていくコンテンツとしてオウンドメディアがあるのですが、実はペイドメディアで活用した各種メディアツールは、特定客層すなわち自社のファンとなってくれた人をも呼び込むツールであるアーンドメディアと重複するものがあります。

facebookなどに代表されるSNSは性質上“いいね”や“残念だったね”などの個人評価や嗜好をもかき集める事ができるとして、各業界で最も注目されているマーケティングツールです。トリプルメディアとは、これら3つのマーケティング手法をバランスよく機能させる事によって、企業利益に大いなる貢献をするというのがオウンドメディアの主軸をなしています。

オウンドメディアでFB活用

今回は“オウンドメディアとfacebook”というテーマでお送りします。ちまたでは話題沸騰中のオウンドメディアについて、まだ単語自体初耳という人のために簡単に説明しますと、“所有する”を意味する“Owned(オウンド)”と、“メディア”の2つの単語がくっついてオウンドメディアという言葉ができていますから、ようするに“所有するメディアという事です。

従来のメディアと言えば雑誌・フライヤー・ポスター・テレビCM・クリックバナー・パンフレット・カタログ・ホームページ・メールマガジンなど多種多様ありますし、近年ならfacebookに代表されるSNSが有効なメディアとして注目されているのはご周知の通りです。オウンドメディアとはこれらの総称です。そもそもオウンドメディアという単語が人々から注目を集めるきっかけになったのは、トリプルメディアの概念が日本国内で広まってきたからです。

トリプルメディアとは不特定多数の顧客見込み客を対象にしたペイドメディアと、特定の客層を対象にしたアーンドメディアそして顧客となった人を対象にしたオウンドメディアとの3つが絶妙なバランスで機能しているしくみを指しています。これからのマーケティングはこれらすべてのツールを、充分にフル活用していく事によって企業価値はぐんとアップするという考え方に基づいています。その中でも多大な影響力で今現在最もユーザーが多いWEBサイトと言えば真っ先に思いつくのはfacebookでしょう。